ストレスの高い生活

血糖値が高くても自覚症状がありませんので、糖尿病に罹患していても気付けなくて当たり前なのですが、歯科での検診がきっかけで糖尿病の可能性に知ることができるのです。

糖尿病だけでなく、口腔内の状態は全身の状態に直結しているという考え方もよく聞きますので、歯磨きは正しく行いましょう。

フッ素を用いた歯磨き粉を我が子に使わせるのは危険ではないか、と考える母親がいます。

そのワケは、フッ素を過剰に摂ってしまうと、斑状歯やフッ素中毒などの病状が出るかもしれないので、ということのようです。

フッ素は、常識を超すような異常なフッ化物の含有量が認められる水を飲めば、歯の状態に悪い影響がある可能性があるということは、海外でも共通認識です。

つまり、言い換えれば、歯磨きから取り入れる程度の量であるならば、大げさに気を揉む必要はないというのが定説ですので気にしないで問題ありません。

逆に、フッ素を使っているのが言い訳になり、つい厳しくしないでしまい、デザートに甘美な食べ物を多く与えてしまう方が危険です。

歯医者に時々自分の歯を診てもらうのは、歯を老後に残すためにも重要です。

なぜかと言うと、歯周病になっていても痛みがほとんどないため、自分では自覚できないからです。

また、歯磨きだけで歯垢や歯石を完璧にきれいにすることは難しいので、定期的に歯科検診を受ける必要があるのですが、このことを知っている人は全体の30%くらいしかいないようで、歯医者さんも頭を抱えています。

初診の歯科では、不思議とレントゲンを撮影することが普通なのですが、これはレントゲンでないと確認できない骨の健康状態を確認するためのものです。
ブロリコ

歯の健康診断は行きたくないと思っているでしょうが、虫歯の治療をせずに虫歯がどんどん進行してしまい、リカルデントのお世話になるよりはずっとマシです。

歯の健康診断は最低でも半年に1回くらいは受け、かかりつけの歯科を決めることで歯医者さんに覚えてもらって、虫歯が出来ても初期のうちに治療すべきです。

歯を白くしたいと思っている人が検討する方法の1つがホワイトニングです。

ホワイトニングはプロにやってもらうという方法というやり方もあるのですが、自宅で行うホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、マウスピースを1人1人に合わせて作り、その中に専用のホワイトニング薬を入れたものを毎日2時間くらい装着することで実行します。